2018/09/28  16:00

紫舟イズム –新しい書–

イタリア・ミラノで好評を博した、アーティスト
紫舟の新シリーズ「春画」を関西初公開!
多くの新作を含む約80点を一堂に。

■開催期間:2018年9月26日(水)~10月8日(月・祝) 
■開催場所:9階 阪急うめだギャラリー

[展示販売・入場無料] ※催し最終日は午後6時閉場
main
「火の鳥」

2018年9月26日(水)- 10月8日(月・祝)阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリーにて、日本の伝統や美意識を大胆に再構成し、前人未踏の表現を追究しつづけるアーティスト、紫舟の作品展を開催。字を平面から解放することによって立体化した「書の彫刻」、絵の輪郭線を新たな墨蹟にして彫刻で立体的に表現した「浮世絵/春画」、絵と書を融合させた「書画」など、約80点を展示。また、チームラボとのコラボレーションによる体験型デジタルアートもお楽しみいただけます。観念を超越し、インスピレーションを刺激する作品群をご覧ください。


sub1

sub2
「流水の香」
「紫艶由江戸花 壱」

sub3
「悦」

sub4
「鯉昇瀧図」

sub5
紫舟×チームラボ「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」

sub6
Photo by Tadahiko Nagata

紫舟(シシュー)

書家/アーティスト/大阪芸術大学教授
代表作はNHK大河ドラマ『龍馬伝』、美術番組『美の壺』、伊勢神宮「祝御遷宮」、内閣官房「JAPAN」、ディズニー・ピクサー「喜悲怒嫌怖」。資生堂×紫舟コラボ。2017年の「紫舟 作品展」で、紫舟本人が天皇皇后両陛下をご案内。フランス国民美術協会展で2014年に金賞と審査員賞金賞を受賞。2015年、イタリア・ミラノ国際万博日本館にて、国際万博初の金賞受賞。書のみならず書画・彫刻・メディアアートで文字が内包する感情や理を表現し、世界に向けて日本の文化と思想を発信している。


■1階コンコースウィンドーにも紫舟の世界

幅約6mの巨大ウィンドー7面をプロデュース。大胆かつ端正な世界をお目にかけます。

sub7
                     ※写真はイメージです。


●URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_sisyuism/index.html