デパなび関西|関西のデパート・百貨店のイベントや催事を探すならデパなび関西

2019/06/14  12:00

“つくる”と“たべる”を一つにした鉄フライパン『ジュウ』に
ヒットの兆し!「FRYING PAN JIU」

デザイナー×町工場の新しい発想から生まれた
“フライパンジュウ”

■開催中/7階 キッチン用品売場

フライパンジュウ1
藤田金属株式会社での製造の様子

1951年創業の大阪・八尾市の小さな町工場「藤田金属株式会社」と、東京の小さなデザイン事務所「TENT」が試行錯誤を繰り返し、全く新しい仕組みを持った鉄フライパン「FRYING PAN JIU(フライパンジュウ)」を開発しました。500セット限定で自社WEBサイトのみで販売をスタートしたところ、1ヶ月で完売するという好調な滑り出し。
この新しい発想のフライパンは、360度どこからでもスムーズに着脱できるスライド式ハンドル(取っ手)により、収納しやすさと調理しやすさを両立しました。さらに独自の形状がそのまま食卓に出しても違和感のないお皿のような佇まいを実現。
食器への移し替えが不要なので料理が冷めにくいほか、後片付けは洗剤を使わずに水とタワシでこするだけと良いこと尽くし。
また、1.6mmの厚手の鉄板を使っているため、お肉はジューシーに、野菜はシャキシャキに。パンや揚げ物、焼きおにぎりなど、外はサクッと中はフワフワに焼くことができます。
“作る、食べる、洗う”その全てが効率良く、格好いい。新しいフライパンの魅力と誕生ストーリーをぜひご覧ください。



アイデアと技が詰まった、お皿にもなるフライパン

着脱できるスライド式のハンドルを外すと、そのまま食卓に出せるお皿に。700度で熱した後、オリーブオイルをしみ込ませているから、面倒な油ならしも必要なし。
2フライパンジュウ
フライパンジュウ&ハンドルセット(ブナ)
(Sサイズ)6,480円 /(Mサイズ)7,560円 ※画像はMサイズ


↑↓片手で簡単にハンドル(取っ手)を着脱



フライパンジュウ3
調理後は食器への移し替えが不要なため、料理が冷めにくいという利点が!