2017/11/21  16:00

真島ヒロ原画展

アメリカ、ヨーロッパ、アジアと世界中が熱狂!

画業20周年記念「真島ヒロ原画展」

■12月13日(水)→24日(日) 8階催場
<入場は閉場の30分前まで、最終日は午後4時まで>

■入場料:一般800円 高校生600円 小中学生400円 未就学児無料
主催:トラフィックプロモーション 協力:講談社


真島ヒロ原画展
真島ヒロ原画展 書き下ろしイラスト
©真島ヒロ/講談社

真島ヒロが描く漫画は一貫している。今すぐにでもその世界に飛び込んでみたくなる世界観。熱くて強くて美しいキャラクターたち。家族や友達、大好きな誰かとの絆を繋ぐドラマ。『RAVE』も『FAIRY TAIL』も、読めば勇気が湧いてくる。ハルやナツのように強く前を向こうと思う。そのメッセージは漫画だけにとどまらず、TVや劇場でのアニメ化、ゲームや舞台など様々な形で私たちのもとへ届けられた。作家自身のTwitterは破格の100万フォロワーを突破し、今やアメリカ、ヨーロッパ、アジアと世界中に熱狂的なファンを獲得している。

本原画展では作品の枠を超えて、漫画原稿・カラー原画・スケッチ・作品の設定に関わる資料まで、漫画家・真島ヒロの世界を余すところなく公開する。



人気作品解説

FAIRY TAIL

『FAIRY TAIL』

2006年~2017年。週刊少年マガジン連載中。既刊63巻。魔法を駆使する魔導士たちが集まり、様々な“ギルド”を組織する世界。大陸一のお騒がせギルド“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”のナツ、ハッピー、ルーシィーたちの冒険を描く物語。2009年、第33回講談社漫画賞受賞。全世界発行部数累計6千万部。




RAVE

『RAVE』

1990年~2005年。週刊少年マガジン連載。全35巻。島育ちの少年・ハルと謎の犬・プルー、明るくちょっと天然な少女・エリー。必然がもたらした出会いが長い長い旅の扉を開ける。