2018/01/15  12:00

阪神のバレンタイン

スペイン最古の製造方法の石臼チョコや
最新スタイリッシュチョコを特集 in スペイン

阪神のバレンタイン

■2月1日(木)→2月14日(水) 8階 バレンタインスタジアム


今年の阪神のバレンタインは、情熱の国“スペイン”をクローズアップ。フラメンコや闘牛などが盛んな情熱的な国民性と、歴史的に貴重な建築物で有名なスペインから、日本初上陸の3つのブランドが登場!
食文化のレベルの高さはヨーロッパでもトップクラスである“スペイン”の歴史あるチョコレートや阪神オリジナルチョコレートをぜひご覧ください!



■約190年前からチョコレートを販売していた老舗チョコレート店


<日本初登場> バルセロナ 「ファルガス」 (創業1827年)

バルセロナのチョコレートといえば、「ファルガス」と言われるほどの有名店。チョコレートショップとは思えない、落ち着いた雰囲気の歴史を感じられる店内。石臼でカカオと砂糖を何度も挽きチョコレートを作ります。
スペインファルガス
「ファルガス」石臼で挽いたチョコレート(8粒入り) 1,026円
材料は“カカオ・砂糖”の2種類のみとシンプル。昔ながらの懐かしいチョコレートです。最古の製造方法と言われる、石臼で作るチョコレートは、スペインの歴史とロマンを感じさせます。



■スペイン屈指の新進気鋭ショコラティエが作るバレンシアの恵みチョコ


<日本初登場> バレンシア 「パプア チョコラテス」 (創業2015年)

「チョコレートは“喜び・ほほえみ・愛”のモチベーションとなるもの。チョコレートを通してほほえみを贈ろう。」

代々チョコレート職人の家系に生まれたショコラティエ「ホセ・イグナシオ」が手掛けるチョコレートブランド。2015年にオープンし、今年11月に2店舗目となる新店がオープン。
パプアチョコラテス
阪神オリジナル 「パプア チョコラテス」スペインチョコレート 詰合せ(6個入り) 1,404円
バレンシア産のオレンジやオリーブ、オリーブオイルを使った、見た目も鮮やかな、カラフルチョコレート。
キラキラとしたチョコレートは、まるで宝石のようなキュートさ!



■修道院で作るスペイン産スパークリングワイン“カヴァ”のチョコレート


<日本初登場> ブルゴス 「サンタクララ修道院」 (創業1993年)

ブルゴスの修道院で、修道女が伝統的に作っていたチョコレートが近年、バレンシアの有名パティシエが監修し、現在のエッセンスを加えリニューアル。今、口コミサイトで話題に!
サンタクララ修道院
阪神オリジナル 「サンタクララ修道院」カヴァ入りトリュフ(10個入り) 1,026円
スペイン産のスパークリングワイン“カヴァ”をたっぷり入れたチョコレート。


※表示価格には、8%の消費税が含まれています。