2017/06/19  10:30

第43回 生活(くらし)に息づく全国手技工房展

自分に馴染む、一生使いたい日用品

「第43回 生活(くらし)に息づく全国手技工房展」

同時開催「奈良・奥大和のものづくり」


■ 6月14日(水)→20日(火) 8階催場 〈最終日は午後4時〉


43回目を迎える人気催事「全国手技工房展」。“いいものを長く使う、賢い暮らし”をコンセプトに、伝統の技法に新しさを取り入れて作り上げた工芸品が日本全国から大集結。夏の装いに映える涼しそうなアイテムも。
また、奈良県の山岳地帯の南部と、高原が広がる東部からなる“奥大和”を拠点として、ものづくりをするクリエイターの作品を特集。おだやかな暮らしから生まれた、クリエイティブな暮らしの道具たちをぜひご覧ください!



■ <奈良・奥大和> 伝統工芸の技術を学び現代風にアレンジした美しい手しごと


【手技】川上村「白い犬」の一輪挿し


【川上村】白い犬
一輪挿し
9,720円


地元の杉とひのきを使って家具や雑貨を作っている山本直美さんの個性が光る一品。杉とひのきを重ねた層が模様になって、木目の違いがよいアクセントになっています。

【手技】吉辰商店


【下市町】吉辰商店
コーヒードリッパースタンド
(約幅12×高さ15×奥行き12cm)
3,888円


吉野産のひのきで作られたドリッパースタンドは、三宝の曲木の技術を応用。

下市町


【下市町】花井商店
●かんざし 2,700円  
●ブローチ 2,160円


吉野杉の年輪を一枚一枚はいで作る“面皮”を使って和モダンにデザインされた、繊細な逸品。



■ 現代の名工や伝統工芸士などの職人の技が大集結!


【手技】山ぶどう


【山ぶどう皮細工】
青森県「宮本工芸」
山ぶどう皮小松編みバッグ(中)
(約幅30×高さ24×マチ12cm) 
183,600円


山ぶどうの皮を小松編みで仕上げた美しいバッグ。つややかに変化する色合いも魅力です。

【手技】うるみ工芸

【浄法寺塗(漆器)】岩手県「うるみ工芸」
●(左)端反ぐいのみ(タメ・本朱) 各5,184円
●(右)片口(4.2寸、本朱) 28,080円

昨年“現代の名工”に選ばれた勝又吉治の作品。
毎日使うことで、漆本来のつやが増していきます。


【手技】曲げわっぱ

【曲げわっぱ】秋田県「柴田慶信商店」
白木 長手弁当箱(小) 10,800円


ごはんの余分な水分を吸収し、乾燥を防いで適度な湿度に保ち、ごはんのしっとりとした食感が感じられるお弁当箱です。

高倉工芸

【南部箒】
岩手県「高倉工芸」 南部小箒
(長さ約80cm) 32,400円


ちぢれた毛先が、絨毯やカーペットなどにも絡みついた細かな毛もきれいに掃き出します。



【イベント情報】
「安本佛像彫刻工房」 仏像彫刻の実演


奈良県東吉野村「安本佛像彫刻工房」仏師の安本篤人が仏像彫刻を実演いたします。

安本篤人 1983年奈良県葛城市生まれ
彫りだす仏様が「多くの人々の光となること」を願い、心を込めて日々佛像彫刻に取組んでいます。


※表示価格には、8%の消費税が含まれています。