2016/04/22  12:01

北海道新幹線開業に沸く“函館エリア”をクローズアップ 初夏の北海道物産大会(No2)

■開催期間:4月20日(水)~4月26日(火) 
■開催場所:阪急うめだ本店9階催場・祝祭広場 ※祝祭広場は25日(月)まで

9階催場・祝祭広場にて今年は総勢86店が登場

本年3月26日(土)に念願の北海道新幹線開業を迎え、北海道各地へのターミナル駅として賑わう函館エリアでは、新幹線開業による街のさらなる盛り上がりに期待とモノ作りへのモチベーションが高まっています。そんな注目の「函館エリア」から阪急初登場の新店や、おなじみの名店の新幹線開通記念の商品など食の魅力が9階催場に存分に登場します。
また祝祭広場では、自然と向き合う暮らしから生まれたアイテム、自然素材を取り入れたアイテムなど、一歩先を行く新たな形で北海道の魅力を発信します。

「祝祭広場」はラベンダーに椴松(とどまつ)、北海道の自然を表現!

かつてない環境の中で、「暮らし」の観点から北海道の魅力をご紹介。
ポイント1
本物のラベンダーや、全長約5~6メートルにも及ぶ椴松が会場に。
都会の中心で、北海道の自然を表現し、会場でワークショップなどイベントも連日開催します。
自然と向き合う暮らしから生まれたアイテム、自然素材から作られたアイテムをご提案。
水に溶かして最後まで使いきれる。 草や木の実から生まれる手作りクレヨン
PC14H_クレヨンa
阪急初登場!「手作りクレヨン工房 トナカイ」
自然の草や木の実など、天然顔料から手作りで2週間かけて作られるクレヨン。色の名称は素材に因んでつけられている。水に溶かして絵の具のようにも使える優れもの。
プレゼントにも最適、 自然素材を使ったキャンドルや石鹸
PC14H_石鹸b
阪急初登場!
「サボン デ シエスタ」
小豆やラベンダーなど、北海道産の自然素材から作ら れる。さらに、保湿成分を含む真珠パウダーを配合した贅沢な石鹸。
PC14H_キミノアカリ
阪急初登場!
「キミノアカリ」
菜の花の生産量日本一の北海道滝川市から、菜の花を使ったキャンドルや、北海道シラカバの切り株キャンドル。
ラベンダーやエゾ鹿など、北海道ならではの雑貨の数々
PC14H_リース
阪急初登場!
「花七曜」富良野のラベンダーをたっぷり使い優しい色合いのドライフラワーのリース
阪急初登場!
「ジャメヴュクイール」北海道に多数生息するエゾジカの皮革による財布など小物。革をなめす際にクロムを使わず、 人にも環境にも優しい皮革。やわらかい風合いが特徴。

地産地消への思いから誕生 十勝産野菜をビート糖で漬けた新食感菓子
PC14H_十勝糖彩
阪急初登場!
「十勝糖彩」

マッシュルームやフキなど十勝産の野菜を乾燥させ、ビート糖液に漬け込んだ菓子。おつまみにも最適。素材の優しい味わいと新食感がやみつきに。
注目の「函館エリア」から阪急初登場の新店や、おなじみの名店の新幹線開通記念の商品など食の魅力が9階催場に存分に登場!
詳しくはこちらをご覧ください!