2016/11/25  17:00

キャンバスの中の女たちに、心揺さぶられる! 世界でも珍しい写実絵画専門美術館の貴重な所蔵品 『ホキ美術館名品展』

■開催期間:11月23日(水・祝)~12月5日(月)
■開催場所:阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー <入場有料>
寒くて外出が億劫になりがちな冬の季節。百貨店内の暖かな環境で、ゆったりとアートを楽しめる写実絵画の展覧会を開催します。今ブームの写実絵画は、人間の目で見て描かれ写真と違って立体的。
キャンバスの中の女性たちがまるで生きているように見え、現実以上に多くを語りかけて来て、見る人の心を揺さぶります。
今展では、世界でも珍しい写実絵画専門美術館として有数のコレクションを誇る「ホキ美術館」から、27名70点の作品を一堂に展覧します。
main

島村信之 「日差し」 2009年

■今展の見どころ
日本で活躍する30代から80代までの写実作家27名の作品が並びますが、特に今の写実絵画ブームを 牽引している30代から60代の人気作家の作品が充実。写実絵画は制作期間が長いため、写真のように 一瞬を切り取るのではなく描いている内に様々な思いが交錯し、作家のその思いまでが絵に託されます。 単眼レンズで撮られた「写真」との違いを体感していただけます。
■来館者に人気の画家とホキ美術館館長によるトークショーを開催します。
「写実絵画を語る」
11月23日(水・祝)午後2時~約30分 9階 祝祭広場にて
画家:島村 信之 ホキ美術館館長:保木 博子
■【同時開催】「現代の具象絵画展~over the top~」~11月29日(火)/7階 美術画廊
ホキ美術館所蔵の作家による写実絵画作品も含め、具象絵画の展示販売会を開催します。
<ホキ美術館とは>
2010年11月3日に、日本で初めて写実絵画専門美術館として千葉市にオープン。日本を代表する約50名の作家、400点を 超える写実作品、特に細密画の作品を数多く所蔵しています。