2016/11/25  12:00

あの「阪神名物 いか焼き」がプロデュースする新名物“洋食焼き” 。新しいけど懐かしい味にハマる人が急増中!

■開催場所:阪神梅田本店 地下1階 スナパー「うまか洋食焼き」
10月に登場したばかりの洋食焼きのお店が今ひそかに人気です。大正時代の駄菓子がルーツと言われる洋食焼きですが、この“進化系洋食焼き”は食事としても満足感があるように作られています。それもそのはず、このお店はあの「阪神名物 いか焼き」がプロデュース。もちもちの生地と歯ごたえのよい具材が、ファンを着実に増やしています。

洋食焼き

ソース味と醤油味が選べます 洋食焼き 152円
シャキシャキのキャベツ、ネギ、天かす、紅しょうがをはさんだ基本形。
デラ洋食

ソース味 デラ洋食 206円
洋食焼きを玉子入りで豪華にしたデラックス版!
チーズ洋食

醤油味 チーズ洋食 173円
とろけるチーズがたまらない!
秘密① 洋食焼きを作っている専用鉄板はいか焼きと同じものなんです!
特製の専用鉄板はいか焼きで大活躍しているものと同じ。上下高温の鉄板ではさんで焼き上げるため、アツアツをお渡しすることができるんです。まずはクレープのように生地を敷いて焼き上げ、具を載せて2度目の焼き上げをした後、二つ折りにしてできあがり。

秘密② 裏メニューの焼きそばにリピーター続出!
焼きそば
洋食焼きのお店なのに、なぜか焼きそばもラインナップ!旧スナックパーク時代にラーメンのノウハウを培ったお店のため、麺のうまさは絶品。具の“いか”が最高に旨いのは言うまでもありません。

焼きそば 411円(※大盛り 519円)