2016/12/30  12:00

“京・ラグジュアリー・体験”の共演。京都ならではの夢が詰まった『夢袋』を、ジェイアール京都伊勢丹から提案します。

2017年1月2日より、新春祭で”夢の商品”20種以上のラインナップを実現!
20周年を記念して・・・家と車と20の夢企画

【ジェイアール京都伊勢丹2017年の”新春祭”】
新春祭は毎年、新年1年の始まりを祈願して京都伊勢丹からご提案している初売りのこと。京都の伝統・価値観を学びながら、新しい価値を創造し、お客さまと共につくりあげてきた20年間。日本だけでなく、年齢・性別・国籍も違うさまざまなお客さまに”感謝の気持ち”を伝えるという昨年からの考え方はそのままに2017年(20周年)の干支である「酉」を用い、華やかな20周年の幕開けにふさわしい「飛躍」を表現しています。
sub8
ジェイアール京都伊勢丹公式ホームページhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/
日頃の感謝と、2017年の発展の願いを込めて、1月2日~10日に実施の『新春祭』で、様々な夢を叶える”夢袋”をご用意しました。京都ならではの企画(京都)、なかなか経験できない体験企画(体験)、記念日にぴったりの記念日企画(記念)、スペシャル企画(SP)に分けて、”夢の商品”を紹介します。
1月2日限り

【京都ならでは、”京”がつまった夢袋】

1.京都鉄道博物館特別閲覧ツアー 6組30名様
sub6
2016年4月に開館し、11月には100万人を突破した「京都鉄道博物館」。蒸気機関車(SL)や、運行を終えた寝台列車など貴重な車両を展示している当館を、開館前に貸切で楽しめるプラン。車両観覧や、運転シュミレータ体験、記念撮影も行っていただけます。

<価格>大人1名2,000円/子供1名(中学生以下)1,000円
<数量>6組30名さま<販売場所>10F<販売方式>抽選
2.京都コンサートホール 「プライベートパイプオルガンコンサート」
sub4

約1,800名収容の大ホールを50名さままでのグループで貸し切り可能なプラン。リクエストしたオルガニストの演奏をご堪能いただけます。※追加料金で、お客さまご自身が演奏できるプランもご用意。

<価格>750,000円~<数量>1
<販売場所>10F<販売方式>抽選

【記念日向け企画やスペシャル企画、”ラグジュアリー”がつまった夢袋】

3.<セブンスターズリゾート石垣島>(2泊3日の旅)
sub7

日本最南端・南石垣島の国立公園内に位置し、ビーチまで50m。1日1組限定の人気リゾートホテル。
飛行機は、往復ANAプレミアムクラスのお席をご用意。観光タクシーで石垣島を巡り、最終日は竹富島へ。

<価格>400,000円<数量>1(1組2名さま)
<販売場所>10F<販売方式>抽選
4.<TAKAMI BRIDAL>チャペルウエディング
sub5

京都ノーザンチャーチ北山教会or北山ル・アンジェ教会での挙式から披露宴まで、各教会1組さまを特別価格でご提供します。

<価格>2,000,000円<数量>計2組
<販売場所>10F<販売方式>先着
<TAKAMI BRIDAL>ロケ-ションフォトプラン
sub1

下鴨神社、今宮神社などをめぐり約150カット撮影したものを
1冊のアルバムにおまとめします。衣装や、各会場までの送迎付きです。

<価格>200,000円<数量>3
<販売場所>10F<販売方式>先着

【なかなか経験できない、夢のような”体験”がつまった夢袋】

5.<ヤマカ醤油>オリジナル調味料を一緒に企画できる権利
main

創業明治5年、145年の歴史を持つ蔵元<ヤマカ醤油>と一緒に、オリジナル調味料を企画。味は勿論のこと、ラベルまで企画し、最大3品を商品化し、2017年9月に発売します。

<価格>2,017円<数量>1(1組5名さままで)
<販売場所>B2F<販売方式>抽選
6.<ちきりやガーデン>お花のセリ参加券
sub2

お花のプロが買い付ける花市場から、セリ人をお呼びしてセリ体験。 市場から直送のお花が、お買得価格でお買求めいただけます。フラワーベース、切花延命剤、吸水性フォームなどもセットで。

<価格>2,160円<数量>50
<販売場所>1F<販売方式>先着

その他にも“新春祭”の企画がもりだくさん。こちらをcheck!
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/
【”新春祭”メインビジュアル制作の背景】
sub3

ジェイアール京都伊勢丹の20周年、昨年より共創パートナーとして取り組んできた京都国立博物館の120周年という記念すべき互いの節目の年に、コラボレーションを実現しました。2017年の干支である「酉」をテーマとし、京都国立博物館蔵品である「百鳥文様打掛」のイメージをもとにデザインしました。
「百鳥文様打掛」は、大阪の豪商の娘の婚礼衣裳として誂えられた友禅染の打掛で明治初期に京都画壇の中心として活躍した幸野楳嶺(1844~1895年)の下絵によると伝えられる。大きく羽をひろげた鳳凰を中心に、孔雀・鳩・鶏・鶉など九十九羽の鳥が描かれ、さらに裏地の背に日の出と丹頂鶴を置いて「百鳥図」が構成されています。澄み渡る空の中、色鮮やかなたくさんの鳥たちは前(お客さま)を向き、未来に向かって大きく羽ばたいて行く。その躍動感ある姿は、20周年を迎えたジェイアール京都伊勢丹が常にお客さまと真摯に向き合いこれからも京都という地で羽ばたき続けられるように、新たな風をおこしていく決意を表しています。

この一年を通して、20周年ならではの特別なモノ・コトなどで感動を創出し続けること=ずっと「ハレの日」が続くということを期待感を含ませながら表現。同時に、20年間支えてくださったお客さまへの感謝の気持ちと、これからも一人ひとりのお客さまと真摯に向き合っていく決意を込めています。