2016/02/17  17:00

思わず顔がほころぶ、愛くるしい作品が200体!

■開催期間:2月16日(火)~22日(月) 
■開催場所:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー (入場有料)

中山みどり フェルトアート展

羊毛フェルトと針一本だけで作品を作り上げる“フェルトアート”は人気の手芸分野。初心者でも簡単に始めることのできる気軽さ、素材のもつあたたかみやかわいらしさが人気の理由です。
フェルトアート作家の一人で、“まるで本物そっくり”の動物を作りあげると話題の中山みどりさんが今回関西で初の展示を開催。ジオラマや写真の中で、表情豊かな動物たちが生き生きとするフェルトアートの世界は必見です。
集合1

まるで本物!!愛くるしい表情のフェルトアートにほっこり!

飼い主の思いに応えて、本物の“うちのこ”そっくりに作られたフェルトアートも。
家族の一員としてペットが人の生活に深く関わる今、不慮の別れから飼い主がふさぎこむ「ペットロス症候群」という言葉も広く認知されています。
中山さんの元には「ペットをフェルトアートで再現して欲しい」という依頼が非常に多く、現在は3年待ちとも。彼女が飼い主の思いに応えた作品を、飼い主とペットのエピソードや写真とともに“うちのこストーリー”と題してご紹介します。
中山みどりさんのギャラリートークやサイン会も開催
ギャラリートーク 2月16日(火)・22日(月) 各日午前10時30分、午後3時30分(各回約30分)
※ギャラリートーク終了後、サイン会も開催(作品集お買い上げの方が対象)
中山みどりさんプロフィール
2000年武蔵野美術大学日本画学科卒業。2001年より羊毛による制作を開始。
本物そっくりの犬や猫の作品が話題となり、いまや個展や教室を多数開催。製作数は1,100点を超える。