デパなび関西|関西のデパート・百貨店のイベントや催事を探すならデパなび関西

2021/06/25  15:00

子どもたちの新たな発見や学びの機会を創出する「プロQ学園」
あべのキューズモールで始動

あべのキューズモール、あまがさきキューズモール

“地域密着ONLY1”施設を目指して
あべのキューズモール・あまがさきキューズモールがリニューアル
地域のつどいを育む“ギャザリング”を軸に、人と人をつなぐ商業施設へ進化


「あべのキューズモール」、「あまがさきキューズモール」の2施設は、「地域密着ONLY1施設」を目指し、開業以来2度目のリニューアルを実施しています。
今回のリニューアルでは、人々のつどい・交流を示す「Gather」と、地域の方々に愛され、共に育っていきたいという想いの「Together」の 2つの意味をこめたコンセプト「To・gather」を掲げています。コロナ禍で改めて重要性が認識されている、地域の「交流」「つながり」を育む場としてコミュニティスペースを整備し、「出会い」「体験」「交流」を目的とした「ギャザリングイベント」を開催することで地域の「つどい」を育み、リアルな商業施設ならではの価値を提供します。2020年5月にリニューアルオープンしたみのおキューズモールでも「To・gather」をコンセプトに、地域の子育てママを応援するコミュニケーション醸成型イベント「キューズ子育てつどいのひろば」の運営や、地域の発表の場「キューズステージ」でのイベントやマルシェなどを開催しています。
ギャザリングイベントの一環としてあべのキューズモールでは、キューズモールで初めての取り組みとなる、様々な分野のプロと交流し、子どもたちの新たな発見や学びの機会を創出する「プロQ学園」を7月より始動予定です。あまがさきキューズモールでは、尼崎市小田地域課と連携して地域の子育てを支援する、多世代が交流できる「わくわく子育ての会“ハグミー”」を7月26日(月)より開始し、地域の中心的役割を果たす商業施設として、単にモノを売り買いするだけではなく、人々がつどい、交流し、生活の質の向上に寄与する商業施設へと進化します。


(画像左より)
「プロQ学園」/7月開催予定「卓球サーブのなぞ」(仮)(あべのキューズモール)
「わくわく子育ての会“ハグミー“」(あまがさきキューズモール)



■地域の「交流」「つながり」を育む、新たなコミュニティスペース

【あべのキューズモール】

地域のつどいを生むコミュニティスペース「つどいのひろば」を新設
アフターコロナを見据えたギャザリングスペースとして、2021年7月1日(木)(予定)に「つどいのひろば」を新設します。プロフェッショナルとの交流でお子様に気づき・学びを与える「プロQ学園」などのイベント開催場所として、地域の「交流」「つながり」を育む場所を目指します。また、イベント開催時以外には、地域の人々の交流スペースやリモートワーク・勉強スペースとして自由に利用頂けます。

「つどいのひろば」完成イメージ


【あまがさきキューズモール】

「レンガの広場」が「学び」「遊び」「憩い」を通じたコミュニティスペースにリニューアル
地域の人々がつどうラウンジのような空間として、2021年7月20日(火)(予定)に3階「レンガのひろば」に生まれ変わります。「交流」「つながり」を育むコミュニティスペースとなるべく、ワークショップ型イベントや座談会などを定期的に企画・実施することで、新たな学びを発見できる場を提供していきます。また、イベント開催時以外は、施設を訪れる人々が時に憩い、時に学び、時に遊べる環境を整えることで、地域の人々に愛され、気兼ねなく立ち寄って頂ける場を目指します。

「レンガのひろば」完成イメージ


■「出会い」「交流」「体験」を育むための取り組み「ギャザリングイベント」

【あべのキューズモール】

プロフェッショナルとの交流でお子様に気づき・学びを与える「プロQ学園」を始動
プロQ学園は、暮らしの「身近」にあるショッピングセンターで、日常生活の「遠く」にあるプロフェッショナルに触れることができるキューズモール初の取り組みです。様々な業界のプロフェッショナルとの交流や体験を通して、お子様の秘めたる可能性の発掘や新たな気づきを与える場を提供し「未来のプロフェッショナル」となるきっかけを創出します。その他にも、子ども記者があべのキューズモールを取材し、地域に配布する新聞を作成することで、コミュニケーション力の基礎となる「聞く」「話す」「書く」力を養う「子ども記者プロジェクト」も実施します。

※プロQ学園は7月より始動予定ですが、社会情勢を鑑み変更となる可能性があります。
 詳細は決定次第、施設ホームページにて告知します。
URL : https://qs-mall.jp/abeno/event/


(画像左より)
参加者に配布される生徒手帳、「サムライニンジャアクションのなぞ」、
7月開催予定の「卓球サーブのなぞ」(仮)



【あまがさきキューズモール】

官民連携で地域の子育てを支援!「わくわく子育ての会“ハグミー”」
子育て世帯が多い尼崎市では、子育てについての不安や悩みを相談できず、悩みを抱えてしまう世帯も少なくありません。こうした課題を解決すべく、尼崎市小田地域課と連携し、あまがさきキューズモールに地元の講師を招き、親子ヨガ・ベビーマッサージ・おもちゃ作りなど親子で楽しめるイベントを開催します。イベントを通して多世代が交流し、地域のつながりを育む機会を創出していきます。
第1回開催「Hug me!みんなで子育ての会」
日時:2021年7月26日(月) 毎週月曜日10:30~12:00
場所:3階 レンガのひろば
内容:「親子で手遊び」「親子体操」「ヨガ」などの親子での体験イベントを開催

夏休み特別企画「ハグミーの夏休み(仮称)」
日時:2021年8月7日(土)・8月8日(日)
   10:30~12:00/13:00~14:30/16:00~17:30
場所:3階 レンガのひろば
内容:3コマ×2日間の計6コマで親子向け・子供向けのパレットアートや体を使った遊び、
音楽を使った遊びなどをサマースクールのような形で実施予定です。

※詳細、参加予約は施設ホームページをご確認ください 
 URL:https://qs-mall.jp/amagasaki/event/
※尼崎市以外にお住まいの方も参加可能です

キューズパークでもイベントを開催!
2021年3月にオープンした「キューズパーク」では、オーガニック野菜をはじめとする環境にも人にもやさしい食品・雑貨が並ぶマーケット「つちいち」(月1回)や、段ボール一箱分の本を持ち寄って販売する「一箱古本市」(隔月)のほか、スポーツイベントなど、尼崎周辺や関西を拠点とする方々との憩いの場となるイベントを定期的に開催します。


■新規・移転テナントリスト一覧(追加発表)

今回のリニューアルでは生活様式が変わる中でニーズが増えている食物販や生活雑貨を充実をさせ、あべのキューズモール・あまがさきキューズモール共に順次新規店舗及び移転店舗がオープンしています。

【あべのキューズモール】

【新規】

【移転】



【あまがさきキューズモール】

【新規】



■長期ビジョンで取り組むテーマと貢献するSDGs

東急不動産ホールディングスグループは、2021年「長期ビジョン2030」において「WE ARE GREEN」をスローガンに、価値を創造し続ける企業グループを目指し、グループの強みを活かして、誰もが自分らしく、いきいきと輝ける未来をつくることを宣言しました。 その実現のために、6つの取り組みテーマ(マテリアリティ)を定め、それに基づく4つの重点戦略を掲げています。これらの取り組みは、2015年に国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献すると考えます。
本リニューアルにおける取り組みテーマ(マテリアリティ)及びSDGsは以下の通りです。

≪本リニューアルにおける取り組みテーマ(マテリアリティ)≫


≪貢献するSDGs≫

東急不動産ホールディングスグループ 「長期ビジョン2030」について
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/group-vision-2030/


■キューズモール各施設概要

あべのキューズモール
所 在 地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
店 舗 数:約240店舗
営業時間:物販 10:00~21:00
     3階 フードコート 10:00~22:00
     4階 レストラン 11:00~23:00
     ※一部店舗により異なる
代表TEL:06-6556-7000
公式H P :https://qs-mall.jp/abeno/
アクセス:JR大阪環状線・阪和線・関西本線「天王寺」、
     近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」、
     Osaka Metro御堂筋線・谷町線「天王寺」・谷町線「阿倍野」、
     阪堺電車上町線「天王寺駅前」(路面電車)各駅前 

あまがさきキューズモール
所 在 地:兵庫県尼崎市潮江1-3-1
店 舗 数:約140店舗
営業時間:物販 10:00~20:00
     1階 フードコート 10:00~21:00
     4階 レストラン 11:00~22:00
     ※一部店舗により異なる
代表TEL:06-6493-5583
公式H P:https://qs-mall.jp/amagasaki/
アクセス:JR神戸線・宝塚線・東西線「尼崎」駅北口直結